子どもにとって最適な勉強環境の条件

これでバッチリ!最適な勉強環境

最適な学習環境を作るために

子どもが勉強する部屋の温度は低めにしましょう。 コツは寒すぎず暑すぎない温度を保つことです。 お子さんによって体感温度が違うので、お子さんにとって最適な温度を見極めましょう。 また、換気も大事です。 扇風機やサーキュレータなどを静かに回し、空気を循環させましょう。 窓を開けておくのもよいでしょう。

頭を冷やし、足を熱くする

勉強に集中するために大切なのは、集中力を持続する状態を保つこと。 「頭寒足熱」がおすすめです。 文字のとおり、頭を冷やし、足が熱い状態を意識します。 熱すぎると頭がぼーっとしてしまうので集中力が続かなくなりがちですし、寒すぎると身体全体が冷えてぞくぞくしてきてしまいます。 頭寒足熱を心がけましょう。

最適温度を見つけ、換気する

お子さんの勉強部屋は、お子さんが集中して勉強に取り組める部屋ですか?

部屋の温度は最適ですか?
窓を開けたり、サーキュレータや扇風機などを使ったりして空気の循環を良くしましょう。

頭寒足熱という言葉は知っていますか?
勉強する上でも、頭を冷やして足が温かい状態であるとはかどります。
頭が熱すぎるとぼーっとしてしまいますし、足が冷えているだけでなかなか集中できません。
頭寒足熱を心がけましょう。

机の上は片付いていますか?
なにか集中を削ぐようなものがあれば片付けましょう。
なにもない状態がベストです。
でも、勉強をしようとして本格的に掃除を始めるのはやめましょう。

どうしても集中できないときは、図書館や喫茶店など場所を移してやることも気分転換になります。
自分が勉強に集中できるのは、どのくらいの静かさの中なのかをわからせておくのもよいでしょう。

勉強机の位置は最適ですか?
窓の光が入るような配置にしましょう。

部屋の色にも気を付けましょう。
多くの色があるだけで自然に刺激になってしまいます。

勉強中のスマートフォン等への着信音は、どうしても気になってしまいます。
わからないところにしまう、親に預かってもらうなどしておきましょう。

家に帰ったら部屋着など、くつろいだ服に着替えてしまいがちです。
ある程度締め付け感がないと、気持ちはあっても心はリラックスの方向にいってしまうようです。
そのままの服装か、それに準じた格好で勉強するように心がけましょう。

勉強机の上は

勉強部屋の机の上には余計なものは置かないようにしましょう。 基本的には何もない状態がおすすめです。 机に向かったとき、見える状態になっていたら要注意です。 気に入っている漫画やグッズ、テレビやスマートフォンが見えるだけで、集中力がそがれるので注意しましょう。

TOPへ戻る