これでバッチリ!最適な勉強環境

最適な学習環境を作るために

自分に合う環境を知る

自分の部屋で集中できないこともあります。
そんなときは、居間や図書館などに移って気分転換してみるのもよいでしょう。
環境を変えるだけで勉強がはかどることがあるものです。

図書館はとにかく静寂が保たれ、他に誘惑がなく何もできない環境です。
居間は、家族が行き来し、いつも家事をする音など生活音がしている環境です。
喫茶店、カフェ、レストランなどは多くの人が出入りするので、常にざわざわした状態の続く環境です。

上記3つの場所は、静かさの程度が違います。
お子さんによって勉強に集中しやすい静かさの度合いがあるものです。
実際に体感させてみてどんな環境が向いているのかを見つけましょう。
集中できたかを聞いてみることで自分がどの環境ならやりやすいのか、自分の特性を知ることができます。

勉強モードへの切り替え

勉強中は、どうしても眠くなってしまうことがあります。
考えすぎて頭痛がしたり、ぼーっと遠くを見てしまったり、スマートフォンをついチェックしてしまったりして、頭が回らなくなってしまいます。
そんなときは、頭を勉強モードに切り替えましょう。

まずは運動です。
軽く身体を動かすだけで効果があります。
凝って固まった筋肉がほぐれて、脳への血流が良くなります。

勉強中だけでなく、勉強前に5分ほど筋トレをするのも良いでしょう。
ジョギングや軽いストレッチなどもおすすめです。
自然と身体がほぐれ、頭がすっきりします。

このタイミングで勉強を始められるといつも以上にはかどります。
そういった流れを普段から作るように心がけましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る